企業紹介

Company.png

当社は1992年 米国カリフォルニアに、デジタル水準器ツールの開発・設計の会社を設立して以来、25年以上にわたり、デジタルレベル技術のグローバルリーダーとして、企業向けだけでなく、各分野の専門家やエンジニア、研究者など、多岐に渡り、Digi-Pas®ブランドの2軸デジタルレベルを提供し続けてまいりました。

現在、DIGIPAS TECHNOLOGIES Inc.の統括管理部門は、JSB Tech Pte. Ltd.としてシンガポールにあり、営業拠点を米国、日本、英国、ドイツに置いています。

当社では、Digi-Pas®デジタルレベル製品事業の他、eGee-Touch®スマートロック事業、Venture V-Flex® FFC(フレキシブルフラットケーブル)事業、eGee-Pro®ヘルスケア事業(マスク)と、4つのユニットで構成されており、製品のデザイン開発から製造までの全工程を自社工場で行っています。

※Digi-Pas®、eGeeTouch®、eGee-Pro®は、DIGIPAS TECHNOLOGIES Inc.とJSB TECHの登録商標です。

創業者でCEOのJim Li博士は、DIGIPASグループ創業当時より、電子製品および製造プロセスの先進技術の分野で40以上の特許を取得しました。また、イギリスのケンブリッジ大学で博士号を取得し、これまでも国際的に著名な研究機関と、デジタルレベル事業でのMEMS駆動の高精度デジタルレベル測定器、2D角度測定器、スマートロック事業でのインテリジェント近接アクセスのセキュリティ技術など、ニッチな専門分野における研究・開発を行ってきました。

そして新たに、世界がコロナ禍にある状況で、ウィルスの感染拡大防止が最優先となることを見据え、2020年初頭より、eGee-Pro®ブランドを立ち上げました。eGee-Pro®高性能マスクなどのヘルスケア事業を通じて、従来とは全く違う新たな価値をもお客様へ届け続けることのできる企業を目指してまいります。

デジタルレベル事業のご紹介

精密機器を正確に設置するためには、設置角度が重要なポイントとなります。精度の低い角度計を使用した機器の設置は安定性に欠け、製造するマシーンの機能、品質、パフォーマンスに深刻な影響を与えます。

2009年、DIGIPASはで世界初の振動計内蔵の2軸MEMS駆動型のインテリジェント精度デジタルレベルを開発し、2011年には高精度レベリング分野で平面角測定作業を大幅に簡素化できる世界初の2軸デジタルレベルを開発しました。2012年に、東京JIMTOSで世界初のDigi-Pas®2軸超精密傾斜計を紹介し、これら最先端の計測機器は、宇宙・航空分野のNASA、ロッキード・マーチン、米海軍、米空軍、ボーイング、EADS(エアバス)、工作機械メーカーのヤマザキマザック株式会社、株式会社牧野フライス製作所、重工業分野の株式会社IHI、自動車メーカーのホンダ、トヨタ、三菱、BMW、ヒュンダイ、半導体の大手企業インテルなど、世界でも高度な技術を持つ企業や政府機関に採用されています。

特許

特許、知的財産は、当社のR&Dチームによる独創的なアイデアの成果です。当社の知的財産ポートフォリオは米国特許商標で20件以上あり、米国、欧州、日本などの多くの国々での特許をカバーしています。

認定

Digi-Pas®とeGeeTouch®ブランドの計測製品精度性能は、CE、FCC、 C-Tick、 RoHSに準拠した、TÜV SÜDやSGSによって認定されています。米国、日本 (日本品質保証機構 JQA)、イギリス、ドイツの外部認証機関によって認定され、米国試験所認定協会(A2LA)と国際試験所認定協力機構(ILAC)下の、NIST、 UKAS、DIN、JISによる校正証明書が発行されています。

スマートロック事業のご紹介

グローバルアワード

eGeeTouch®スマートロックデバイスの開発は、世界初の最先端の近接アクセスのセキュリティ技術を採用し、米国ロサンゼルスでのCES展示会にて、イノベーション・アワードを受賞しました。当社は2014年に、従来のシリンダー錠とダイヤル錠に替わる画期的な世界初のNFC駆動のスマートロックを紹介しました。eGeeTouch®スマートロックは、インターネットを介してワイヤレスでクラウドコンピューティングインフラストラクチャへリンクし、スマートフォンのアプリやNFCタグ、スマートウォッチを介して、解錠・施錠が行え、トラッキング機能も備えたハイセキュリティなデバイスとなりました。2014年にニューヨークのCESにて、世界最大の米国家電協会によりトラベルラゲッジ業界では、当社のeGeeTouch®スマートロックがIoTを初めて導入した製品として称えられました。その後の2014年及び2015年の日本最大のDIY HOMECENTERでは、同製品がプロダクト賞を受賞しました。

ヘルスケア事業のご紹介

世界がコロナ禍にある状況で、ウィルスの感染拡大防止が最優先となることを見据え、2020年初頭より、eGee-Pro®ブランドを立ち上げました。

eGee-Pro® BFE(細菌濾過率)99%高性能フィルター付 繰返し使える軽量マスクは、ヨーロッパと米国のサージカルマスク試験基準用に認定されたドイツの試験機関の捕集効率試験(Europe : EN14683 / USA : ASTM F2100 Standard, Europe Respiratory : EN149:2001-A1:2009 Standard)で、最も捕集しにくいと言われる0.3μmの微粒子を99%以上捕集できることが認定されています。これは米国のNIOSHによるN95規格と同グレードです。また、マスク素材は、高品質の食品グレードのプラスチックおよびシリコンゴム材料で、これは米国食品医薬品局(FDA)によって承認された素材です。更に当社工場のクリーンルーム(Class 8:医療アイテム用生産工場と同グレード)で滅菌消毒後に、包装し出荷されます。 (eGee-Pro®マスクシリーズ、特徴については http://www.digipas.co.jp/egeepro.php をご参照下さい)

生産技術

当社の製品は、開発、設計、製造までを一貫して行っています。当社の工場はインドネシアのバタム島にあり、ISO9001、ISO14001とOHSAS18001認証を取得しています。先進的な製造施設を有し、世界トップクラスの精密電子機器、Digi-Pas®デジタルレベル測定器、eGeeTouch®スマートロック、Venture V-Flex® FFC(フレキシブルフラットケーブル)の生産の他、eGee-Pro®マスク製造、品質管理など、1,000人以上の規模で行っています。

また、トレーサビリティ、環境適合性、安全、衛生マネジメントの認証機関であるSGSにより定期的な監査を受けています。25年以上にわたるの電子機器製造の専門分野で、世界トップの多国籍企業に製品を提供ており、当社の製品やサービス、技術は世界中で利用されています。